2人体制の小児科でなにか疑いがある時には2人で診てくれます

息子が小さいときクループ症候群という病気になりました。クループ症候群は喉の腫れにより、息苦しい状態となる症状で、特に乳幼児は症状が急変して呼吸困難なども起きやすいのですが、単に風邪と診断されてしまうことが多い疾患だそうです。開業専門のコンサルティングならBTC
疾患がわかり、夜間など急な呼吸困難の際に行く大学病院も紹介してもらいました。
息子の通っている小児科で診断されましたが、この医院は院長とその息子先生の2人体制のクリニックです。息子は若い息子先生の方に診てもらっていましたが、クループ症候群を疑うと院長にすぐ相談し、院長にも直接診てもらって診断が下されました。この医院では何か少しでも通常の風邪とは違うかなということがあればすぐに2人で患者を診ることをするようです。東京九段下での根管治療専門医なら加部歯科

院長はかなりのおじいさんで小児科の経験豊富がで、息子は今も大学病院にも勤務しているので、最新の医療に精通しています。なにかおかしいときにはそんな2人の医師に診てもらえるこの小児科にかかれることで、安心して子育てができています。