きちんと話をきいてくれる医師がよい

病院を受診した時、その医師がよいと思うのか思わないのかの基準の一つとして、話をきいてもらうことができるということを上げることができます。
病院を受診すると、まずとても緊張しています。医師に質問をされた時に、すぐに答えることができないこともあります。患者は、そんなふうに通常の状態ではないのです。そんな時、じっくりと話を聞いてもらうことできるととても助かります。話をしているうちに、緊張がほぐれて本来の自分の考えてしっかりと伝えることができるからです。
ところが、医師の中にはきちんと話を聞くことなく診療をすることもあります。医師としては、自分がしりたい情報だけがわかればそれでいいと思うこともあるでしょう。しかし、患者はそうではないのです。患者としては、話を聞いてもらいたい、そのことで気持ちが楽になるということがたくさんあります。
時間が限られているので、それは大変難しいことですね。その限られた中で、きちんと話を聞いてくれるとその先生は信頼できると感じます。