子供に恐怖を与えないように工夫して診療してくれる歯医者さん

私の息子(9歳)の通っている歯医者さんについてお話します。
歯医者さんと言えば、名前を聞いただけでも大人でも嫌になる診療の一つになるかと思います。
息子の通っている歯医者さんは、その恐怖感をぬぐうために、色々な工夫をしてくれています。診察台に上がるだけでも体がこわばってしまうと思いますが、先生のおおらかな優しい会話はもちろん、診察台の前にはDVDも見れるようになっており、恐怖感を取り除くように診察をしてくれます。私の幼少の記憶だと、「すぐ終わるから」「大きな口あけて」とか、一方的に押し付けている感じがありましたが、今では一つの治療の後に「よくできたね」とまず褒める。「ほら、この剣(診療器具)でばい菌をやっつけよう」とか子供心をくすぐる(痛い・怖いという意識を遠ざける)方法を多く取り入れていて、上手にやるもんだなと、感心してしまうばかりでした。
歯医者は1日ではなかなか終わらず、何回かの通院が必要になってくると思いますが、今では息子も、あそこの歯医者は怖くないから大丈夫と自分から足を運んでいます。
親としては、よく歯を磨いて虫歯になってくれないことが一番うれしいのですが、もし、虫歯になってしまった時は、またこの歯医者さんに治療をお願いしたいと思っています。
小さい頃から自宅の近くにあるお医者さんに、体の具合を見てもらっています。あまり大きくないクリニックですが、優しいご夫婦のお医者さんなので評判がとてもよいクリニックです。夜遅くなって病気になった時も気軽に治療をしてくれるので、近所に住んでいる人たちはとても感謝しています。
「かかりつけのお医者さんはやっぱり安心できる。」と、他の病院で診察を受けた時にいつも思います。旅行先で具合が悪くなり、旅館の近くにある大きな病院へ行くことになりました。大きな病院なので設備はよかったのですが、待ち時間が長くなりとても疲れてしまいました。受付を済ませると、内科や婦人科などで診察を受け、注射も別の診察室で接種するためさらに待つことになってしまいました。その日は病院での診察で終わってしまい、旅行を切り上げいつものクリニックへ行きました。
かかりつけのクリニックに行くといつものお医者さんが、「大変だったね。」と優しく声をかけてくれました。いつも診察してくれているお医者さんだと、自分の体のことをよく知っているので安心できます。安心できることもかかりつけのお医者さんのよいところだと思います。私の体のことをよく知っているので、具合の悪くなりそうなところも知っています。お医者さんはそのようなところを重点的に診察し、すぐに原因を発見してくれました。やっぱりかかりつけのお医者さんは大切な存在だなと感じました。

|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|ショッピングカート|英語上達の秘訣|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|住宅リフォーム総合情報|クリニック集客ノウハウ|内職 アルバイト|初値予想|サプリメント|