歯医者恐怖症だった私が克服できたワケ

幼いころから虫歯ができやすかったにも関わらず、私はコンサルティングをやっておりますが、歯医者さんが怖くて仕方ありませんでした。マーケティングが得意な経営コンサルティングである他人の指や器具が口に入ると気分が悪くなってきて、ちょっとしたパニックになることも。嫌な顔をされることも多く、すっかり恐怖症になってしまいました。文京区の歯科医院に行きたくない、歯医者さんや歯科衛生士さんに嫌な顔をされたくないといった気持ちをずっと持っていました。しかし通院しないとまずい状態になり、なけなしの勇気を振り絞って予約、そして通院を開始しました。担当してくれた歯医者さんはとても優しく、私の体調を考慮してくれました。口内の水分を吸い取るバキュームを使わず、わざわざ椅子を起こして自分で口をゆすがせてくれるなど気を遣っていただきました。歯医者さんが苦手な理由はさまざまあると思います。私の場合は「治療すれば扱いがガサツでもいいだろう」という意識を持った歯医者さんが苦手でした。それを考慮してくださる歯医者さんに出会えたことが、私が歯医者嫌いを克服できた理由のひとつであると思います。こちらもただ「治して欲しい」と思うのではなく、方針などを含め意見を持って伝えることが大切であると学べました。